なんとなく書いてます。
アクセス解析ジギング メタルジグ
<< やわらかい生活 | main | 真昼ノ星空 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.08.13 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
TRICK劇場版2
TRICK劇場版2観てきました。
TV版からずっと観てきたので楽しみにしてました。
そろそろ上映終了って感じがしてきたので、普通料金で観てきました。
大体、いつもはレイトショーかサービスデーです。

どんなのかな〜?
う〜ん、不完全燃焼でした。
本当にこれで最後でいいのか?
こんなのじゃなかったんだけどな〜

まず、トリック自体が以前の話で使っていたものとほとんど同じ。
箱の手品は、TV版でもあったじゃない。
タネ明かしをする前から大体見当がついてしまいました。残念!

あと、話自体が単純。次の展開がどんどん読めてしまうので、『ああ、やっぱりね。』みたいな感じでドキドキしません。
一番意外と思ったのは、話が全部終わって、アパートに戻るシーンだけだったかも・・・・。

最後にレギュラーの登場人物が少なすぎる。(これが一番の失敗)
TV版は話は割と単純でもレギュラーの登場人物のドタバタでおもしろく仕上がっていたのに、あまりに出なすぎです。
これじゃ、TRICKじゃありません。

ハルとジャーミーがもう少し見たかったよ。
山田奈緒子をもっともっと困らせて欲しかった。

亀と鼠はどうした?出てこないぞ!江戸っ子は?

矢部警部も・・あれで出てるっていうのか?
友情出演?みたいな少なさだね。

最低のTRICKとしての条件は、山田と上田のデコボコがあって、個性は俳優の敵がいて、怪事件。それを矢部警部がかき乱す。ドタバタがあってなんとか解決。

秋葉君の活躍に少し期待していたのに残念です。
前原一輝さん演じる石原が好きでした。
劇場版以降石原がいなくなり、TRICKの醍醐味の半分くらいがなくなったしまった様に感じるようになりました。
菊地くんでは、キャラが弱すぎて矢部警部がかわいそうでした。
TV版特にpart1のシリーズでは結構セリフもあり、アホ全開ですが、矢部よりもまともな事をいうので、なかなかいいキャラで、なくてはならない存在でした。

仲間由紀恵や阿倍寛がこのシリーズからブレイクし、注目されるようになりましたが、彼が芸能界を引退した時点でTRICKは終了したと自分は思っています。

そうそう、鬼束ちひろはどこいった?彼女もTRICKのレギュラーだったのに。
月光もこのシリーズをメジャーにした原動力のひとつだったのにな。

・・・いろいろ書きましたが、映画自体はTVでのスペシャルクラスです。
年末くらいにはTVでやるかもね。春くらいかな?

そんな感じです。




【2006.07.20 Thursday 17:37】 author : tak
| 映画 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2013.08.13 Tuesday 17:37】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tak2001.jugem.jp/trackback/316
トラックバック
トリック (TRICK) 2
ひさびさにTRICK(TRICK)の世界を堪能できます。今回も消失マジックで、既出ネタが多いですが、最後はあれが消えてしまいます!
| 映画や本を淡々と語る | 2007/03/25 12:52 PM |

無料アクセスカウンター

icon icon

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム